So-net無料ブログ作成

SONY製Exmor Rセンサー採用 CASIO EXILIM発売 [α & NEX & Cyber-shot]

CASIOのEXILIMの新型モデルで、SONYのExmor Rセンサーが採用されました。

センサー自体は、Cybert-shot WX1やTX1で採用されたものと同程度の製品の様です。
EXILIMと言えば、高速連写が売りですが、今回のモデルでも健在で、1秒間に40コマ撮影出来るそうです。
スイングフォームなんかを撮影するときは、便利そうですよね。


一方本家ソニーは・・・
サイバーショットは、近年では、3月と9月に新型モデルが発売されています。
例年通りなら、2010年の3月に、WX1とTX1の後継機種の発売が期待でそうです。

WX1とTX1は、Exmor Rセンサー搭載の初代モデルですから、
おそらく、開発陣もやり残した事が、結構あったのではないかと思います。

また、T900と比べると、低画素化してしまった液晶や、
モノラルになってしまった動画撮影用のマイクなど、
前モデルからスペックダウンした部分がどうなるのかも、注目です。


ミラーレス一眼カメラの動向も気になりますが、撮影可能範囲を大幅に改善した、
Exmor Rセンサー搭載のコンデジの動向も気になるところです。

最大のメリットは、交換レンズ地獄へのお誘いがないことでしょうか(^^;)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。